Silence is golden.
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bekky 
2014.09.24 Wed 01:39
私の家に来て、早一年と少し。
フレンチロップではもう高齢と言える、11月で5歳のベッキーちゃんが、亡くなりました。

2ヶ月前、後足に力が入らなくなって病院に行くと、腰を悪くしたとのこと。
脊髄の手術は難しいとのことで、ステロイドを1ヶ月飲ませていました。
食欲は以前よりガクッと落ち、半介護状態。
1か月後のお薬が終わる頃には食欲も復活していたものの、ほぼ寝たきりになってしまい、それから1ヶ月はほぼ完全介護でした。

仕事を辞めてしまって。うさぎに関わってから、色んな価値観が変わって。3匹に出会って。
あんな形でやめてしまった自分。後悔しない日はありませんでした。本気で馬鹿だなぁって。
昔からそういうところがあったから。毎日夢に出てくるくらい、後悔して。後悔したからどうにかなるものでもないのもわかってるんだけど。

でも、形はどうであれ仕事をやめて、ベッキーちゃんを介護するようになって、ある意味タイミングが本当によかったなってホッとしてます。最後にずっと一緒に居てあげられて、良かったです。
後悔することはたくさんあります。もっとたくさん遊んであげればよかったと思わない日はないけれど、フレンチロップという生き物の病気、介護の大変さ、多少経験のある私が大好きなベッキーを介護できて、心から良かったと。
人間も、ガンの治療などとても体に負担が大きく、延命に対する考え方は人それぞれです。
色々な子を見てきて、色々な人の考えを聞いてきて。
私も、頑張って治療することをしませんでした。でも、それについてはまったく後悔していません。
ベッキーちゃんの様子を見ていても、死にたいとは思ってないのはわかるんだけれど、このまま生きていたいという気持ちも感じられませんでした。最後に一緒に居てください、って。

亡くなる3日前ほどから、調子が良かったのにいきなり食欲が落ちました。でも、そんなのこの2ヶ月間何度もあったことで、いつも通り強制給餌をして、いつも通りお水も牧草も、すべていつも通りの完全介護。
だけれど、亡くなる前日、OS1をかろうじて飲むほどに体力が落ちました。
でも、元気はあって、撫でて、お散歩に行きたい、その意思表示はしてくれていました。
2ヶ月間、毎日明日が来るのか不安だったから、その日もいつも通りの不安。
車いすのことを思い出して、調べて、設計までして、一緒にいつもより長いお散歩と、体が冷えていたからベッドで一緒に寝たのです。ベッキーちゃんはベッドで一緒に寝るのが好きだったので。2時間弱して、ようやく温まってきたところで、夜中の1時。私も眠く、ベッキーちゃんをケージに戻して眠りに付きました。

朝6時に起きて、いつものベッキーちゃんのいびきが聞こえたのでケージのカバーを外すと、眠るように亡くなっていました。私が今までみた中で、一番安らかなお顔だった。うちの子フィルターじゃなくて、本当に眠るように亡くなっていました。

苦しまず、眠ったまま亡くなったのかな。最後看取ってはあげられませんでしたが、最後の1日は本当に最後の一日らしく、ずっと一緒にいてあげられたから、よかったなぁ。

3匹飼っていて、愛情に優劣はないけれど、それでもベッキーちゃんは私の中で一番のうさぎです。
フレンチロップ自体も大好きだし、あの優しくておおらかなベッキーちゃんが大好きです。ただ人懐っこいからではなくて、すごく母性があって、優しいベッキーちゃん。私が一緒にいれた時間は、お店にいた時間とうちに着てからの時間をあわせても、すごく短いですが、私は世界一ベッキーのことが大好きだって、思っています。

色んな人にかわいがってもらったベッキーちゃん。綺麗な姿で見送ってあげられて、本当によかった。
亡くなった日、ちょうど新しい仕事の日で。私が居なくてもちゃんとした生活を送るんだよーって言われたようで。がんばらなきゃ。

フレンチロップが大好きだけれど、ベッキーちゃん以上に好きになれる子、居ないんだろうな。代わりは居ないのは当たり前なんだけれど。もちろんソフィアちゃんもムーちゃんも大好きなんだけど、ベッキーちゃんは特別でした。同じだけ好きだけど、好きの種類が違うかなぁ。
いつかまた、フレンチが飼えたらいいなとは思いつつ、寿命の短さと病気の大変さを考えると。でも、大好きです。

介護のやり方はいくらでもネットにあるんだけれど、やり方というより便利な道具とか事細かくまとめてみたいです。シリンジの種類とか、マットのこととか。そういう細かいところがお互いの負担軽減にすごくつながりました。あと、どんなに硬くなってるソアホックも絶対治る!あとは、葬儀の大切さ。絶対やったほうがいいわけではないし、個人の価値観によるんだけれど、心の整理期間でもあるんだなって。人間のお葬式に一度も出たことがなかったので、今回よくわかりました。
ペットロスって、人間とまた違う後悔がたくさんあるから、そういう人のためになにかできたらいいなと思います。時間ができたらまとめてみたいです。

いろんなこと残してくれたベッキーちゃん。あとの2匹も精一杯かわいがってあげなきゃ。とは言っても、ムーちゃんをかわいがるって難しかったり、色々あるんだけれどね。うさぎ飼いにしか分からない、ニュアンス。
心の整理も終わったし、新しい生活がんばるぞっ。
スポンサーサイト
--- 
2014.05.14 Wed 07:27
2014051405.jpg

「うさんぽ行くらしいのよ。」

桜もほぼ散って、芝生がピンクになってました。
初めてのお外はどうですかー?

2014051402.jpg

「ふむふむ。」

2014051403.jpg

「ほうほう。」

2014051401.jpg

「まぁまぁです。」

2014051404.jpg

「また来たいな。」

more...
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。